美容外科で除去する流れ

女性

ちょうどいい値段設定

ほくろ除去の治療を受ける場合、皮膚科か美容外科で除去することができます。美容外科を受診すれば痕が残らないよう美しく除去する施術を提案してくれるので、顔など目立つところのほくろ除去にはおすすめです。美容外科ですと切除縫合する方法かレーザー治療が主流となっています。除去方法によって値段は変動しますが、費用を抑えたい場合はレーザー治療のほうが安くなることが多いです。レーザー治療は保険が適用にならず自由診療となるのですが、サイズによって値段設定されており小さいサイズのほくろであれば1万円前後で除去することが可能です。料金はクリニックによって異なるので、ホームページなどで事前に確認すると良いでしょう。もしもサイズが大きく、レーザー治療では高額になってしまう場合は、切除縫合する方法を選択すると、診断次第では保険が適用になって費用が抑えられるかもしれません。切除縫合法の費用もサイズや形状によって値段が変動することが多く、クリニックによって値段設定が異なります。もしこちらの方法でも手が出しにくい価格のようであれば、カウンセリング時に担当医に予算を伝えることで、予算に見合った施術方法を提案してくれるケースがあります。また、クリニックによってはクーポンなどの割引サービスを行なっているところもあるので、クリニックを選ぶ際にそういった特典などもチェックしておくとよいでしょう。安ければいいというものでもなく、信頼できるクリニックであることが最重要事項ですが、無理せず納得のいくやり方で美しくなることも大切です。美容外科のクリニックでほくろの除去治療を受ける場合、まず受診の予約を入れます。美容外科クリニックはほとんどが予約制で、ほくろ除去治療に関しては事前に別でカウンセリング予約というものを入れなければならないところもあります。事前にクリニックの概要やシステムなどを調べておくと安心です。カウンセリング予約が不要なクリニックであっても、必ず事前カウンセリングは行なわれます。担当医がほくろの形状や根の深さ、サイズなどから判断し、適すると考えられる治療方法をいくつかピックアップしてくれます。その中から費用やリスクなどを考慮しつつ、患者自身が最終決定を行ないます。ここで疑問に思った部分や不安に感じていることは積極的に担当医に質問しましょう。カウンセリングで決まったことをもとに治療に移っていくので、ここであいまいな部分を残したままだと施術後の仕上がりに不満を抱くことになるかもしれません。ほくろ除去は決して安い整形ではありませんので、妥協などせずにマイナス部分はすべて解決してから施術を開始するのが大切です。もしここで担当医の返答に納得ができなかったり、値段設定など難しい問題が出てきたりした場合はまだキャンセルが可能です。ほかの美容外科クリニックを受診してみたり、口コミサイトを調べてみたりなど、ほかにも選択肢がないかどうか確認してみるとよいでしょう。カウンセリングで決定したことに異論がなければ、治療に入る形になります。アフターケアなどが必要な場合があるので担当医の指示に従い、しっかりケアを行なえば綺麗な肌が手に入ることになります。