低コストで出来る!ほくろ治療【治療方法にバリエーションが増えた】

お手軽な整形

女性

手術以外の方法の進出

ほくろは場所によっては非常に目立ち、老けて見えたり印象を変えてしまったりすることで悩みの原因に挙げられます。そんな中、美容整形業界では痕を残すことなく綺麗に除去できる施術方法が増えてきました。少し前の時代までは、メスや特殊な医療器具を使ってほくろの組織を切り取る除去方法が主流でした。それが現在はレーザー治療や電気メスなど、肌に大きな負担をかけずに取り除いたり、目立たなくしたりすることが可能となっています。ほくろ部分の除去の治療にかかる所要時間も数十分から1時間程度と短く済むため、忙しいけれど美しくなりたいと願う人たちからの人気を集めています。費用も手術による切除は保険適用になる場合があったり、レーザー治療であれば1回の施術につき数千円から数万円と、手の出せないほど高額ではなくなってきたりしています。治療方法にバリエーションが増えたことで、選ぶ自由が生まれたのもあり、環境や経済状況に応じた除去方法を選択することができるようになりました。除去自体は完治までに最大数か月かかるケースもありますが、適切にアフターケアを行なえば何度も通院する必要がありませんし、傷跡も綺麗に消すことが可能です。除去を行ないたい場所によって、完治までの期間が短い除去方法を選択することで、生活にも大きな支障を与えなくて済みます。このように、外見を損なうほくろの悩みは手軽に解消できるようになり、気軽に除去を行なうことができるようになって美容整形外科クリニックのメニューの中でも人気を集める整形方法となっています。ほくろ除去治療を検討する際、どういった美容外科クリニックを選ぶと失敗が少ないかというと、第一条件としては施術実績など医師の経験値が大きな指標となります。医師といえども人間ですので、ほくろ除去において場数を踏んでいる人のほうが施術を任せやすいものです。公式のホームページを運営している美容外科クリニックであれば、施術実績を掲載している可能性があります。また、実際にそのクリニックで施術を受けた人たちによる口コミ評価を確認するのも良いでしょう。受診予約をする前に、まずは自分なりに下調べを行なうと安心です。また、1か所だけを重点的に調べるのではなく、いくつか候補を挙げて優先順位をつけ、一番よさそうと感じたところから受診する形をとると無難です。というのも、受診までいったら次は担当医とのカウンセリングが待っています。担当医と対面で、具体的に治療の流れなどを共有できる段階なのですが、このカウンセリングがクリニック選びの判断を行なえる最終段階になります。ここではその医師が自分の身体に手を加える点で信頼できる相手かどうかを判断します。担当医自身の技術もそうですが、人間性やこちらが訴える要望・質問などに真摯に答えてくれるかを見ます。この信頼関係はあくまで相性のようなものなので、そのクリニックの良し悪しなどに関わるものではありません。が、仮にも健康な皮膚に手を入れることになりますので、信頼できるかどうかは非常に重要な問題です。もし直感的にでも合わないと感じるようであれば、先に候補に挙げていた別のクリニックにも受診してみて、比較を行いましょう。最終判断をするまでは、慎重な姿勢でいたほうが安心です。

医者

種類と主な除去方法

ほくろは Miescher母斑とUnna母斑、 Clark母斑、そして Spitz母斑に大別できます。多くは炭酸ガスレーザーによる治療が適当で、機器の使用頻度が高い美容外科では料金が抑えられている傾向にあります。

女性

美容外科で除去する流れ

ほくろ除去の治療を美容外科で受ける場合、主流となる施術方法は切除縫合法かレーザー治療になります。受診をしてカウンセリングを行なった後に施術法を患者自身が決定します。施術後はアフターケアを適切に行ないましょう。

婦人

悪性か良性か

ほくろには形状やサイズなどで細かく分類された種類があり、除去するには種類別に治療方法が使い分けられています。手術とレーザー治療が代表的ですが、ほくろにも悪性と良性があるため悪性であれば手術のほうが取り残しもなく安心です。